SERVICE

新しい価値を生み出すCSV事業の創出に向けて

CSV開発機構では、会員の皆様に社会課題に関する動向や最新情報をご提供しています。
また会員の皆様のご意向を共有させていただき、社会課題やテーマに応じ、会員企業間のマッチングや連携を促す情報共有や、その分野のキーマンを交えたブレストを行います。 特に、机上での事業の可能性検討だけで終わりにせず、具体の事業化に向けた伴走型の実行支援を行うのが当機構の強みであり、実際に会員企業間連携による、技術提携の機会をご提供しています。

皆様が行うCSV事業の深化、取組やシーズ、課題などといった情報共有やブレストの場をご提供しています。 政策提言やシンポジウム等の開催、普及啓発事業も別途実施しています。

CSVセッション

CSV事業に資する情報提供として、四半期に1回を目途に『CSVセッション』を定期開催しています。
現在進行形の国のビッグプロジェクトにおけるキーマンをゲストスピーカーとして招聘し、講演いただいています。講演後は、講演テーマに対する意見交換や、会員企業が行うCSVに関する取組みやシーズや課題などについての発表・情報共有を行うなど、双方向の情報共有の場を設けています。 CSVビジネスに必要な情報収集の場として、日常業務の中で出会えない業界業種の方と連携する機会として、ご活用ください。

会員以外の方もセッションに参加が可能です。1回5,000円/人となります。
参加を希望される方はお問合せください。

過去のCSVセッションテーマおよび講演者をご紹介します

2020
森林サービス産業の現状と展望木下 仁 様
(林野庁森林整備部森林利用課山村・振興緑化推進室室長)
木材利用に関する取組の現状と展望長野 麻子 様
(林野庁林政部木材利用課長)
サーキュラーエコノミーの
重要性と我が国の取組について
土肥 英幸 様
(国立研究開発法人NEDO環境・化学ユニットユニット長)
水無 渉 様
(〃バイオエコノミーユニットユニット長)
サーキュラー・バイオエコノミー五十嵐 圭日子 様
(東京大学農学生命科学研究科生物材料科学専攻准教授)
ゼロエミッションとサーキュラーバイオエコノミー小島 秀藏 様
(日揮ホールディングス㈱ サステナビリティ協創部 活動オープンイノベーションチームリーダー)
経済産業省『未来の教室』プロジェクト浅野 大介 様
(経済産業省経済産業省サービス政策課長・教育産業室長)
子供たちの生きる力を育むために
教育現場が産業界に期待するもの
長谷部 直人 様
(東京書籍株式会社 取締役 教育文化総轄本部長)
2019
新しい官民連携による農業の6次産業化髙橋 広道 様
(農林水産省 食料産業局 産業連携課長)
都市公園における新たな官民連携事業創出町田 誠 様
(公益財団法人東京都公園協会専門アドバイザー)
森・みどりを内包する都市のまちづくり横張 真 様
(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 教授)
川崎市の木材利用促進に向けた取組矢島 浩 様
(川崎市まちづくり局 総務部長)
2018
万国博覧会で目指す日本の戦略発信武田 家明 様
(経済産業省商務・サービスグループ博覧会推進室長)
ドバイ万博日本政府館の構想と企業参画内藤 純 様
(株式会社電通ライブ取締役副社長執行役員COO)
森林環境税・森林環境譲与税 中山 昌弘 様
(林野庁林政部企画課課長補佐)
SDGs思考による木材利用促進宮川 敦 様
(ナイス株式会社経営推進本部コーポレートコミュニケーション室長)
次世代教育における森林活用の有効性長谷部 直人 様
(東京書籍株式会社 ICT事業開発部長)
IoTやAIが可能とする新たなモビリティサービス小林 大和 様
(経済産業省製造産業局参事官 自動車・産業競争力担当)
AIの活用~バス配車の最適化松舘 渉 様
(株式会社未来シェア代表取締役)
民間投資の喚起による経済成長濱田 禎 様
(内閣府民間資金等活用事業推進室企画官 PP/PFI推進室)
民間企業の活力で地域を活性化浮穴 浩一 様
(大和リース株式会社取締役常務執行役員)
2017
企業との連携による農業の革新について冨士 重夫様
(一般社団法人JC総研 代表理事 理事長)
農業×観光・消費者との新たなコミュニケーションの創出大塚 雅樹様
(株式会社JTBコミュニケーションデザイン 常務取締役)
地方創生・地域活性とインバウンド対策伊地知 英己様
(観光庁 国際観光課長)
新しいインバウンドビジネスの成功の鍵八田 泰秀様
(日本ユニシス株式会社 インキュベーション部門執行役員)
働き方改革と地方創生 -プロフェッショナル人材事業佐合 達矢様
(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部 内閣参事官)
越境を後押しする -二枚目の名刺の活動について廣 優樹様
(NPO法人二枚目の名刺 代表)
2016
サービス業の生産性向上佐々木 啓介様
(経済産業省商務情報政策局サービス政策課長)
責任ある投資の広がりとCSV水口 剛様
(高崎経済大学 経済学部教授)
「論語と算盤」とCSV澁澤 健様
(コモンズ投信株式会社 会長)
投資家とESG松原 稔様
(株式会社りそな銀行 信託財産運用部)
ビンデージ・ソサエティ実現に向けた政府の取組み前田 康宏様
(経済産業省大臣官房審議官商務情報政策局担当)
産学連携による新しい地方創生朝比奈 剛様
(千葉商科大学人間社会学部学部長)
東北インアウトバウンドの具体的な打ち手西谷 雷佐様
(一般社団法人東北インアウトバウンド連合 理事長)
リンゴ産業イノベーションの展開と企業への期待山本 昇様
(青森県弘前市 副市長)
世界に輝く静岡の実現に向けて田辺 信宏様
(静岡県静岡市 市長)
2015
新しいビジネス領域におけるルールづくりの国際戦略田村 暁彦様
(経済産業省通商政策局 国際規制制度交渉官)
地域間からのルール形成への働きかけについて朝比奈 一郎様
(経済産業省通商政策局 国際規制制度交渉官)
スマートコミュニティの今後の展開とCSV辻本 圭介様
(経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー対策課長)
地方創生とCSV村上 敬亮様
(内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官)
東松島が目指す「ソーシャルインパクト」石垣 亨様
(東松島市復興政策部復興政策課兼 主任)
金融とCSV長島 剛様
(多摩信用金庫 価値創造事業部 部長)
CSVファンドの創設藤永 裕二様
(フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 執行役員 事業推進部)

CSV事業の可能性検討

分科会の立ち上げ・運営

セッションで扱ったテーマのうち特に会員の反応が多かったものや、会員が進める事業を主とした持ち込み案件に対し、特定の会員に参加いただくかたちで分科会を立ち上げ、課題解決につながる事業の可能性を検討します。

  • 参加会員が有するソリューションの共有
  • 必要なパートナー、事業分野の洗い出し
  • 同テーマに対する政府、省庁、地方自治体のニーズの把握、キーマンへのヒアリング
  • 自治体マッチング、現地視察

ビジネスモデル構築・実証

特定の自治体・市区町村を実証対象地として、地域の事業者やキーマンを中心に、会員企業群や教育機関との連携による事業コンソーシアムを構築します。続いて、事業計画の策定支援や資金調達を経てビジネスモデルの実証事業を行います。当機構は事業全体のコーディネイト役として事業の円滑な進行や各主体のコミュニケーションの促進をサポートしながら、実効性や事業の検証を行います。

現在進行形のプロジェクト